戸ヶ崎正男先生の 日本伝統鍼灸技術習得【経絡按摩・触診・望診・医療面接】日本伝統医療の思想と医療のあり方を深める会です。

menu

和ら会(やわらかい)

【和ら会・真和塾】スタッフレポート【2019.04.28】

和ら会 真和塾レポート

毎年4月は、和ら会特別講演会、和ら会総会が行われています。
今年の特別講演会の内容は、
・和ら会会員による研究発表
・松田博公先生による教育講演会
・中国伝統医療の宇宙論 「黄帝内経」千年の定説をくつがえす
・和ら会副代表折笠による講演 健康と美容
・CALISTAのCHIHIRO先生による実技講演
・和ら会代表戸ヶ崎による講演 経絡とは何か パート2
でした。

松田先生の黄帝内経をありのまま読むというお話、折笠先生の折笠ワールド全開のお話、 CHIHIRO先生の経絡を使った美容鍼、戸ヶ崎先生の人体を立体構造で見ている経絡のお話と興味深い物が盛りだくさんでしたが、私は研究発表に注目しました。
真和塾で学び始めて4年目の渡邊先生の症例発表でした。
真和塾で学んでいる事をいかし、患者さんの身体の状態を把握して、ツボの四型分類と全体治療を使い治療をしていました。
患者さんの症状が改善して、ビックリされていたそうです。
渡邊先生自身もビックリされたそうです。
私も真和塾で学んで4年がたち、同じような経験があります。
あの時の驚きは今でも覚えています。そしてそれが、感覚を磨くこと、更に勉強することへのモチベーションになっています。

関連記事