戸ヶ崎正男先生の 日本伝統鍼灸技術習得【経絡按摩・触診・望診・医療面接】日本伝統医療の思想と医療のあり方を深める会です。

menu

和ら会(やわらかい)

はり・きゅう・あん摩マッサージ指圧師国家試験! どうもお疲れさまでした!

はり・きゅう・あん摩マッサージ指圧師国家試験!

どうもお疲れさまでした!

よくお休みになってください。

 

そして、是非、真和塾のホームページをご覧になってください。

刺激的な内容でいっぱいです。

何が?ってそのコンセプトです。

 

我々、真和塾は、触診を最もベーシックで、最も有効な診察法としています。

実は、これが一番、神と近いのです。

 

望診は神の技なのです。

望診の基礎は、触診なんです。

扁鵲倉公伝に書いてあります。

 

病應見於大表「病の反応は大表にあらわれる。」

つまり、病変は皮膚の状態に現れることに言及しているのです。

触って分からないものが、見てわかるわけないのです。

まずは経験を積むことが大切です。

 

でも、その経験を積むにも、無駄な努力になってはもったいない!

触り方のイロハを学んで、無駄のない経験を重ねましょう!

 

脈診に傾倒することの魅力はよくわかります。

でも、仮に脈診で取穴が判明したとしましょう。

 

その穴のどこに刺します?

腎虚でよく、陰谷は取穴されますね。

半腱様筋と半膜様筋の間って、どれだけ範囲が広いことか。

 

陰谷ってわかって、直径0.2ミリくらいの鍼をどの点に刺すんでしょう?

ここを決定できる力は、触診でしか生まれないんです。

つまり、ツボをいろんな方法で診断しようとも、最後は触診に辿り着くのです。

 

それだったら、最初から触診でいいんじゃね?

合理主義に立てば当然そうなります。

だったら、それを極めたら、いいんじゃね?

 

その通りです!

まどろっこしいことを排除すれば、そういうことです!

しかも慣れてくると、望診の技で見当がついてしまうのです。

 

まあ、簡単じゃないことは想像つくでしょ!

でもね。

それなりに、方法論はあるんです!

 

まずは、戸ヶ崎代表の実技公開を見に来てください!

自動代替テキストはありません。

 

こっちでもやってます↓

真和塾を勝手に応援するブログ The blog that I support Shinwa-juku as I like

関連記事