戸ヶ崎正男先生の 日本伝統鍼灸技術習得【経絡按摩・触診・望診・医療面接】日本伝統医療の思想と医療のあり方を深める会です。

menu

和ら会(やわらかい)

真和塾は上工を育てます! 陰陽の失調を捉える力!

真和塾は上工を育てます!

陰陽の失調を捉える力!

言い換えるなら、治未病のプログラム!

 

「上工(名医)はその萌芽を救う」(上工救其萌牙)といいます。

萌芽とは、言い換えると未病であり、已病(すでに病となった状態)の反対で、病が病となる前兆の状態です。

現代風にいえば、感覚異常を起こす段階をとらえて、適切な治療をすることにより、大病になるのを防ぐことを指すと思われます。

私たち現代人が、「気のせい」とか言って軽く見ていることも、病の兆しと捉えていたと思われます。

 

時代変わって現代、未病は、現代医療の定義からすると、細胞病理的変化が起こる前ということになるでしょう。

いわば、感覚異常・機能異常の段階で処置をすれば、現代的には治未病ということになりましょうか?

これなら、古典が書かれた時代よりは、ちょっとハードルが下がった感がありますかね?

 

現実問題、ほとんどの鍼灸院において、患者の来院動機は、身体の調子がおかしいという状態です。

これは古典の時代で言えば、已病と言えましょう。(下工救其已成)

でも、現代医療の立場からすれば、未病(発症前)と言えるでしょうか?

 

考察するに、古典の時代であれば、鍼灸医学は体調管理の医学であったといえるでしょう。

そうでなければ、古典に書かれているような上工は存在しないでしょう。

対して、現代の多くの人々が症状を抱えて来院する以上、我々鍼灸師は、下工の仕事をしているのかもしれません。

 

鍼灸師が上工の仕事をするために必要なことは何か?

先ずは、下工の仕事で結果を出すことです。

次は、体調管理の必要性を説いて、日常の来院動機を喚起することです。

 

残念ながら現代においては、下工として数々の仕事をこなして結果を出さないと、信頼を得られません。

信頼を得てからでないと、体調管理の必要性を話しても聞いてくれません。

そして、聞いてくれるようになった暁に初めて、体調管理の必要性を理路整然と話せる能力が必要なのです。

 

本当は、両方を大事にしたいところですが、まずは、下工として、結果を出せる能力は必須です。

 

ではそのために何をする?

 

ずばり、診察能力です。

それも、陰陽の失調を捉える具体的な方法です。

これを提供しているのが、真和塾による治未病のプログラムということになります。

もちろん、最初は治已病のプログラムなんですけどね。

 

上工になるための道筋は理解できましたか?

 

こっちでもやってます↓

真和塾を勝手に応援するブログ The blog that I support Shinwa-juku as I like

関連記事