戸ヶ崎正男先生の 日本伝統鍼灸技術習得【経絡按摩・触診・望診・医療面接】日本伝統医療の思想と医療のあり方を深める会です。

menu

和ら会(やわらかい)

触診勉強会としての真和塾

鍼灸を目的とした触診を!

その内容を少しだけ紹介します。

 

真和塾の一番の売りは?

鍼灸のための触診の技を基礎から学ぶことができるという点でしょう。

この点では、他の追従を許さない自負があります。

 

経絡按摩コースは、触診の技術の源流と言える経絡按摩を徹底的に学ぶコースです。

経絡按摩コースでは、徹底して手技に取り組みます。

このメリットは、解剖学的に理解していたことを潜在意識のイメージへとインプットできることです。

 

この経験は、のちに鍼や灸をするとき、無意識に相手の気持ちの良い施術ができる基礎となります。

昔の修業では、この過程に10年を要していたのです。(しかも、盗み見!しかも、見よう見まねで…。)

ノウハウを1年で知ることができるというのは、画期的なことです。(もちろん、身につけるとなると時間はかかります。)

我々は、経絡按摩コースの手技だけでも、充分に治療できるレベルと自負しています。

 

切経探穴コースは、鍼・灸を行うにあたっての触診を学べるコースです。

経絡按摩の手法を基にした手順や、実践的な手法を実験的な取り組みを交えて学べるコースです。

経絡按摩で鍛えたの潜在意識と分析的な能力を駆使して、実際の治療に生かせる切経・探穴を育てていきます。

 

切経は、経絡の流れを的確にとらえ、同時に反応点の現れやすい場所を探す能力を育てます。

探穴は、まさに鍼・灸を行うツボが、どのような形態特性をしており、どう治療するべきかを学びます。

また、この段階で知識レベルの向上のため、四型分類・体癖・任督中心療法・経絡治療の知識も取り扱います。

ここまでくると、触診を実際の鍼灸治療に生かすことができるようになってきます。

 

でも、上記2コースで不足してしまうのが、治療の優先順位選択になります。

これは、臨床直伝コースで担当します。

臨床直伝コースでは、実際のテーマに応じた治療の在り方を扱っています。

四型分類・体癖・任督中心療法・経絡治療といった知識をどのように運用したらよいかの実例をテーマとしています。

 

他の鍼灸勉強会との大きな違いというと、触診を取り扱う比重が重いことでしょうか?

 

じゃあ、脈診はやらないの?

やりますとも!

 

それも触診の一部です。

だって、両方とも切診でしょ!

関連記事