戸ヶ崎正男先生の 日本伝統鍼灸技術習得【経絡按摩・触診・望診・医療面接】日本伝統医療の思想と医療のあり方を深める会です。

menu

和ら会(やわらかい)

人体科学会第28回大会 2018年12月1日(土)・2日(日)

今回は、石原克己先生、お弟子さんの平地治美先生、そして鮎澤聡先生、金子武良先生がディスカッションをされるそうです。
プログラムはとても魅力的です。

2018年12月1日(土)・2日(日)

大会の詳しくはこちら
http://ohkado.net/jintai28/

12月1日(土)午前:体験発表

9:10〜9:25
発表者1:大島 櫻彩(フォレ・フォンド)
「植物と会話する〜形状や生育環境から発するランゲージ」

9:25〜9:40
発表者2:小野 早希恵(Loveセラピープロジェクト)
「動物対話士によるアニマルコミュニケーションで癌、肺水腫が判明した症例」

12月1日(土)午前:研究発表

9:50〜10:10
発表者1:山野 隆(山野医院)
「どこから来てどこへ行くのか:イ楽〜現実結果の出ない規則性(イ楽)の知性獲得体系〜」

10:10〜10:30
発表者2:内田 匠治(九州看護福祉大学)
「生薬名の文字による痩身効果に関する研究」

10:30〜10:50
発表者3:須田 斎(東海大学)
「対応原理を介した共時性のメカニズムの解明」

11:00〜11:20
発表者4:林 昌子(東洋大学)
「キリスト教における輪廻転生思想〜実存論的神学の立場から〜」

11:20〜11:40
発表者5:田中 実(六角田中医院)
「心包・三焦の謎解きと祈りの仕組みの解明、そして大会テーマへの解答の試み」

11:40〜12:00
発表者6:橋本 和哉(はしもと内科外科クリニック)
「霊障診療から考えた生きる意味」

12:00〜12:20
発表者7:長谷川幹子(千里金蘭大学)
「自己のかけがえのなさに目覚めた患者の変容〜ハイデガーの実在論を手掛かりに〜」

12月1日(土)午後:基調講演

13:40〜14:30
大門 正幸(中部大学)
「学問の再構築〜スピリチュアリティに焦点を当てた新たな『人間学』〜」

12月1日(土)午後:会員企画セッション

14:30〜15:20
渡邉 勝之(未来工学研究所)
杉岡 良彦(上野病院)
「いのちに立脚した人間観・死生観と科学の問題」

12月1日(土)午後:シンポジウム(15:30〜17:30)

演者1:カール・ベッカー(京都大学)
「死を念頭に生きる〜日本人の死生観とその含意」
演者2:金田 諦應(通大寺住職)
「東日本大震災〜被災地における霊的現象と心のケア」

12月2日(日)午前:会員企画セッション

9:10〜10:30
金子 武良(金子指圧治療院)
石原 克己(東明堂石原鍼灸院・漢方薬局)
平地 治美(千葉大学)
鮎澤 聡(筑波技術大学)
「美と健康」

12月2日(日)午前:会員企画セッション

10:40〜12:00
五十嵐夕子(ClearMind)
土橋 優子(スコーレ)
竹内秀樹(Healing House)
広沢そう(ClearMind)
「世界を繋ぐ胎内記憶グローバルプロジェクト」

12月2日(日)午後:シンポジウム(13:30〜16:15)

演者1:稲葉 俊郎博士(東京大学附属病院)
「いのち中心主義の未来へ 〜いのちの歴史から〜」
演者2:池川 明博士(池川クリニック)
「子どもたちが語る『生まれる前の世界』」
演者3:高橋 徳博士(クリニック徳、ウィスコンシン医科大学)
「人は愛することで健康になれる〜視床下部オキシトシンと輪廻転生」

人体科学会とは

学会設立の趣旨

現代の社会では科学技術や経済発展が顕著な反面、精神の不安、モラルの衰退、愛の喪失といった心理的危機が広がっているようです。私たちは東西の文明の古い英知を現代において問い直すという立場から人体科学会を設立しました。本学会は従来の学問分野の境界を越えて、文科系から医療体育系、理工系まで総合した観点に立ち、各学系総力で未知の領域(身体・気・意識・霊性など)の洞察を深め、人間の本質を探究し、将来の世界における思想的理念を求めてゆくことを目標としています。

■人体科学会の活動の内容

(1)生命科学・物理科学の先端的知見に基づいた生命現象の本質の研究

(2)深層心理学、心身医学、精神医学などを総合した心身相関の研究

(3)心身と環境の相互関係及び風水の研究

(4)身体観について東洋医学の理論的・実験的研究

(5)禅・ヨーガなど東洋の伝統的修行法の生理・心理的研究および生体への影響の研究

(6)気エネルギーに関する実験科学的および理論的研究

(7)霊性(スピリチュアリティ)に関する研究

(8)超心理現象・潜在能力に関する総合的研究

(9)ホリスティック医学・統合医学の確立を目指した研究

(10)心身の健康および体力の保持・増進のための実践活動の研究

(11)スポーツ・芸術・教育・文化の領域における能力開発の研究

(12)西洋の分析的発想と東洋の総合的発想との融合

(13)人類の宗教意識についての研究

http://www.smbs.gr.jp/index.htm

関連記事