戸ヶ崎正男先生の 日本伝統鍼灸技術習得【経絡按摩・触診・望診・医療面接】日本伝統医療の思想と医療のあり方を深める会です。

menu

和ら会(やわらかい)

折笠和矢・6月の切経探穴コースは上肢の詳細切経と下肢の復習

6月の切経探穴コースは上肢の詳細切経と下肢の復習でした。
3月のニューヨーク大学の論文等のお話をさせていただきました。
これは間質が一つの器官である、臓器でもあるかもしれないというお話です。

以前は生態観察は切って死んでいる細胞を顕微鏡で観察するということでしたが、光学機器の発達で生きていた細胞を観察できるようになりました。
真皮と内蔵の組織構造が同じで、コラーゲンの中をリンパ管に流れこむ構造があるというもの。
丸山昌朗先生が経絡は体液病理学的ということを提唱されていました。
同じかどうかわかりませんが興味深い論文です。

閃く経絡を買い求め読みました。
コラーゲンのネットワークが経絡というお話です。

閃めく経絡(ひらめくけいらく)―現代医学のミステリーに鍼灸の“サイエンス”が挑む!

新品価格
¥3,024から
(2018/7/6 11:42時点)

東洋医学の真骨頂はカラダの繋がりを重視します。
実質的に証明する話がここにきて出来てきました。

次回は、仰臥位の詳細切経と上肢下肢の復習

東洋医学のは鍼灸はツボがあってツボを刺激したり操作すること。
ツボの刺激は歪んだカラダに影響し健康にプラスする。
ツボは体表異常なのでこれを捉えないとホントの効果的な治療にならない。
切経なくして東洋医学なし。と思います。

(折笠和矢談)

切経探穴コース

卒後数年で臨床経験の有資格者や経絡あん摩コースを修了された方が対象のコースです。(全10回)

・体構えの基礎を作る。
・触れられて気持ちの良い手の獲得をする。
・ツボの特徴を理解し、部位別切経探穴法、大局切経探穴法を身につける
・痛くない刺鍼、熱くない施灸法を体得する。

9:30~15:30(昼休憩12:30~13:30 休憩適時)※5・7・9・12・2月
※15:30以降は、他コースで実技室を使用している間は多目的室を利用可

9:30~18:00(昼休憩12:30~13:30 休憩適時)※6・8・10・1・3月

●受講料(和ら会年会費含む)
 年間受講料:81,000

お問合せ・お申込みは
こちら

関連記事