JR埼京川越線南古谷駅から徒歩10分の鍼灸院 伝統医療を地域へ提供します

menu

小貫鍼灸院

【症例】30代男性 主訴:交通事故後のむちうち症状

年末、トラック運転中に玉突き事故に巻き込まれた。
5台玉突きの中央にいて、後ろから強い衝撃を受ける。
直後は平気かと思ったが、翌日から〈首の痛み〉〈腰の痛み〉〈めまい〉〈血圧上昇〉などの症状が出た。
事故後1週間して来院。

処方:リリカ・ツムラ68(芍薬甘草湯)・トラムセット・ペロリック・エペリゾン

第1診
体癖:前後
腰、仙骨周囲、右下腿外側、右前腕内側、に緊張がみられる。
追突時の衝撃をかばった為と考える。
【治療】
 棒灸:関元・上仙・懸枢
 透熱灸:上仙・C5-6
 鍼:右下腿・腰部・右前腕の硬結

第2診(4日後)
第1診後、3日は楽だった。
首のつらさ10→3・4→6・7
腰のつらさ10→3→10
【治療】※前回とほぼ同様
 灸頭鍼:大腸ユ

第3診(7日後)
第2診後、4〜5は楽だった。
腰のつらさの変化は前回同様。
首は気にならないこともあった。
【治療】※前回とほぼ同様
 透熱灸:右帯脈

順調に経過していたが、保険会社から「鍼灸院ではなく接骨院へ行くように」と言われ、治療中断。
その後2ヶ月接骨院へ通院

接骨院の治療を受けても翌日には戻るため、当院へ来院。
日常生活の上でのつらさは、事故前0→今は6・7(10段階)

その後、3回の治療で
首:ほぼ大丈夫。後屈は痛みと可動制限のこる
腰:仕事再開しても10→3くらいで保っている。衝撃とひねりで痛み。
めまい:視界がぼやける感じがたまに。
血圧:拡張期血圧が下がってきて、落ち着いて来た。

徐々に治療間隔をあけて、まずは事故前まで回復することが目標。
治療継続中。

関連記事

〒350-0015
埼玉県川越市今泉80-12
TEL:049-265-4190
Mail:onuki@har-mog.jp